最優秀賞受賞☆

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 09:33
先日の3月22日(日)に開催されました「ABAセラピスト研究会 年次大会2020」におきまして、りーふ児童発達支援管理責任者の臼杵哲平の研究発表が最優秀賞をいただきました☆

「放課後等デイサービスにオススメのABA〜PECSで放デイガイドラインに応える〜」というテーマで発表させていただきました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、会場開催ではなくzoomでのオンライン開催という慣れない環境での発表となりましたが、最優秀賞をいただきまして、日頃からコツコツと実践を積み重ねてきた事が形になったようで大変嬉しく思っています。

研究発表にご協力いただきました利用者さんやご家族にもこの場をお借りしてお礼申し上げます。



事例検討会議

  • 2019.11.08 Friday
  • 19:20

今日は、りーふ、りーふぷらす合同で、事例検討会議を実施しました。


グループに分かれ司会、書記、発表者を決めて、支援計画を確認しながら、今後の支援や、問題点について話し合い、互いの意見を発表し合いました。


意見を交わす事で、支援の弱い部分や得意分野などが明確になり、今後の療育に活かせる良い機会になりました。








日本自閉症スペクトラム学会に参加いたしました。

  • 2019.09.04 Wednesday
  • 14:10

8月31日(土)、9月1日(日)に東京の明治学院大学にて日本自閉症スペクトラム学会第18回研究大会が開催されました。

「豊かな共生社会をめざしてーいろいろな立場の人たちとの連携を考えるー」が今年の大会テーマです。


1日目の口頭発表に、放課後等デイサービスりーふの臼杵哲平が登壇させていただきました。

演題は「連携は誰の仕事?ージハツカンノシコウー支援の核にPECSを採用した事例から」です。

今年の大会テーマとピッタリでした(^^)


来年は8月22日(土)、23日(日)京都女子大学で開催されるとのことです。

来年も参加を目指したいと思います!







内部研修

  • 2019.06.13 Thursday
  • 14:40

先日、令和になって初めての内部研修をりーふ・りーふぷらす合同で行いました。


今回のテーマは事例発表でした。

パワーポイントとスライドを使い本格的な研修で、スタッフ一同真剣に話を聞いていました。


虐待防止研修

  • 2019.02.14 Thursday
  • 13:30

先日、りーふ、りーふぷらす合同で職員対象の虐待防止研修を実施しました。


近年、介護施設などで問題になっている虐待について、改めてスタッフ一同で研修をいたしました。


利用者さんの呼び方一つにしても本人が望まないのであれば、それは虐待につながることになります。最後は事例をグループワークで話し合い、虐待にあたるケースと対処方法を発表しました。


私たち支援者は権利擁護者、利用者の権利を代弁する大切な役割を担っています。人権保証、権利擁護の意味をもう一度考える大切な研修でした。



勉強会

  • 2019.02.02 Saturday
  • 18:30
1月があっという間に終わり、2月になりました。きっと2月もあっという間に逃げてしまうんでしょうね(笑)1日1日を大切に過ごして参りたいと思います。

さて、先日りーふ、りーふぷらす合同の勉強会を行いました。
講師には元百舌鳥支援学校職員の五島丸太先生をお招きしました。そう、けあすぷではすっかりおなじみのあの、まるたせんせ です(^o^) 勉強会の後は恒例のジャグリングの練習もしましたよ。

五島丸太先生&まるたせんせ、今回もありがとうございました(^o^)/

ミニ勉強会

  • 2018.11.29 Thursday
  • 14:02

先日、スタッフで持ち回りで担当しているミニ勉強会を開催いたしました。


テーマは「保護者支援」です。


私たち支援者にとって、支援するのはメンバーさん達だけではなく、その背後にいらっしゃる保護者の皆さまにも、その眼を向けていく必要があると感じております。


デイサービスを使うにあたり、不安や悩みなどを抱えておられる方は少なくはないと思います。


けあすぷりんぐは、デイサービスを「お子様を預かる場所」ではなく「親子で安心できる"居場所"」であるべきだと考えています。


日頃から、保護者の皆様としっかりコミニュケーションを取り、親子共に信頼していただける支援者を目指して、日々精進して参りたいと思います。


15歳のコーヒー屋さん

  • 2018.11.16 Friday
  • 09:00
秋の夜長に、おすすめの書籍をご紹介いたします。

「15歳のコーヒー屋さん ぼくにできることからぼくにしかできないことへ」
発達障害の一つ、アスペルガー症候群の当事者、岩野響さんが、15歳でコーヒー屋さんを開業した経験を書かれた書籍です。

響さんは小さな頃から周囲に合わせることができず、少し変わったお子さんでした。小学生の時にアスペルガーと診断され、学年が上がるにつれて、努力しても何もうまく行かないしんどさから、中学からはついに不登校になってしまいます。

不登校中、家事や掃除のお手伝いをしていた時、カレー作りの際に隠し味に使ったインスタントコーヒーに興味をもちます。そこからコーヒー豆の勉強を始めます。苦手な事はなかなか覚えられなくても、好きな事ならどんどんと吸収していく姿を見て、ご両親は響さんにお金を稼ぐ手段としてコーヒーショップを出すことを勧めます。

できない事、苦手な事はご両親や周りの方にサポートしてもらいながら、響さんはコーヒーの焙煎に没頭していきます。周囲の理解や宣伝のため、苦手なメディアに出演したり、不登校だったとは思えないほど響さんの環境は変わっていきます。

本書では響さんだけでなく、ご両親の言葉も綴られています。

「ぼくにできることから ぼくにしかできないことへ」

この一文に、学校に行かない、進学をしない選択をした響さんの決意のようなものを感じました。

発達障害があっても、いろいろな人生の選択肢があるんだと気付かされ、15歳のコーヒー屋さんを応援したくなるそんな本でしたよ(^ ^)

内部研修

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 14:18

今日はりーふ、りーふぷらす合同で内部研修をしました!


内容は『ざっくりコグトレ』


りーふぷらすで既に取り入れているコグトレですが、今日はりーふのスタッフも交え、特に身体面への支援にアプローチする運動を実践しました。


特別な配慮が必要な子どもに対して、本人の認知特性の強さを活かし、弱さに対して周囲が配慮する支援だけでなく、本人の認知機能自体を高めるアプローチも必要だと、改めてりーふもりーふぷらすのスタッフ全員で実感できた内部研修でした!



実践報告

  • 2018.10.15 Monday
  • 18:06
8月に東北で開催されました「日本自閉症スペクトラム学会第17回研究大会」、
そして先日大阪で開催されました「2018PECS祭り」で、実践報告をしてまいりました。 日頃のりーふでの取り組みを、外部の支援者や専門家に見て頂く機会が得られました。 自分勝手の支援にならないよう、更により良き支援を目指して、これからも積極的に外に出て行きたいと考えています。

<

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM